HOME > ウッドデッキ関連資料> 素材の特性
戸建て住宅にマッチしたウッド デッキの施工例

セランガン・バツ   科  目 フタバガキ科
産  地 東南アジア全域
比  重 0.84から1.1程度 (杉、松などは0.4から0.6程度)
特  徴 木理は交錯しているが肌目は緻密、重硬で強度が高い
耐 久 性 屋外で接地して平均寿命は約10年から18年程度
用  途 重構造材、橋梁用材、埠頭用材など
当社製品 デッキ材スクリーンなど
■セランガン・バツ材 柾目挽き製材の概念
左の図は大まかな原木製材方法を表したものです。

上部の板材は柾目挽き材になり、経年変化が極めて少ない

板材が取れます。

下部の板材は板目挽き材になり、ねじれや反り曲がりが

顕著な板材が取れます。

 

■セランガン・バツ材 柾目挽き製材の長所・短所
柾目挽き材の特徴
長所

板材の変形が起きにくい、巾方向長さ方向のどちらにも反り曲がりが発生しにくい。


環境の変化が著しい屋外で、デッキ材などとして使用する場合はベスト。

短所

板目挽き製材に比較して、歩留まりが若干低い(製材ロスがある)。


反り曲がりで材料交換を余儀なくされるのであれば多少のロスは許容できるのかも?

板目挽き材の特徴
長所

端から順次製材して行けばよいので作業が短時間で済む。


柾目挽き製材に比べ歩留まりが高い。(製材ロスが少ない)。

短所

巾、長さ方向のどちらにも反り曲がりが出やすい。


硬質木材では釘、ビスを抜いて持ち上がることもある。

アカシア マンギューム  科  目 マメ科 アカシア属
産  地 東南アジア、オセアニア
比  重 0.55〜0.69程度
特  徴 木理は通直/軽度の交錯、肌目は粗から精
耐 久 性 屋外で利用して平均寿命は約7年から10年程度(屋外塗料 塗布済み)
用  途 トラックフローリング、屋内フローリングなど
当社製品 アカシアウッドデッキ材など(塗装済みで高耐久性です)
■アカシアマンギューム 集成材生産方法


三角形のタブをクリックすると画像が変わります
苗木から植林をして製品になるまで画像でご覧いただくことができます。

地球環境を破壊しないように苗木から育てた木材を利用してゆくのがこれからの木材のあり方だと考えています。

 

過激な伐採によりボルネオの森からオランウータンを追い出してしまったことを重く受け止め。

 

弊社はオランウータン保護活動に協力をしています。

 

 


Copyright All Right Reserved (C)2009ウッドデッキのSatobussan Co., Ltd.