HOME > タイプ別施工例 > パラソルとウッドデッキ施工例
戸建て住宅にマッチしたウッド デッキの施工例
施工例1
施工例1

 

春の日差しは冬から抜け出し何だか暖かくて懐かしい気持ちがしますが、初夏から夏にかけての日差しは空の上から強烈に降り注ぎます。

ウッドデッキのテーブル、チェアーを置いたスペース上に、写真の様なパラソルを広げれば日陰が作られ快適に過ごせる空間が簡単に作れます。

 

 

小さな写真左側は開閉の様子を示しています、右側は水平方向に回転する様子を示したものです。

夕方の斜めから差し込む西日も確実にコントロール出来ます。

 

設置面積 9.0平方メートル
使用材料

セランガン・バツ ユニットデッキ 3x3スパン
ウッドスクリーンタイプ7 6枚 

パラソル; イスキアレーニョ (イタリア製)

工事日数 おおよそ1日 (設置場所の状況により前後します。)
施工例2
施工例2

 

テーブル、チェアー、パラソルを組み合わせウッドデッキに置いた例です。

 

パラソルを上から吊るタイプなので、傘タイプの様にテーブルに支柱を差し込む必要が無く、テーブル周りをすっきりと使うことが出来ます。

 

また、テーブルに支柱を差し込むタイプの場合、突然の風でパラソルが思わぬ方向に動くと、テーブルの上に置いた飲み物、食べ物がウッドデッキ上に散乱することがあります。

 

そのように、風にビックリさせられることなく強い風が吹いてきたらフレームに付けられたハンドルを回して、パラソルをたたんでクールに対応できます。

 

設置面積 45平方メートル
使用材料

セランガン・バツ リードデッキ、根太材、大引き材、
ウッドスクリーンタイプ5

パラソル; イスキアレーニョ (イタリア製)

工事日数 デッキ工事は7日間 土木基礎工事含む (設置場所の状況により前後します。)

Copyright All Right Reserved (C)2009ウッドデッキのSatobussan Co., Ltd.