HOME > サポート情報> 製品使用上の注意
戸建て住宅にマッチしたウッド デッキの施工例

セランガンバツ製品ご利用上の注意


森林資源を有効に利用するため、強度に影響のない部分すべを利用して製品を作っています、 このため虫穴がみられる場合があります。
製品部材には天然素材特有の反り曲がり、表面のヒビ割れ、変色などの経年変化が現れます。
使い始めに木材の表面の色素が流れ出て床面、壁面などを茶色くすることがあります。
施工、設置の際はトゲを刺さないように手袋などをご利用いただき注意して作業をしてください。
設置されたデッキを歩行する際はトゲを刺したりしないようにサンダルなどをご利用いただき、素足で歩行しないようにしてください。

 

アカシア植林・集成材製品ご利用上の注意


小さな板材を接着材で集成して製品にしていますので、ごくまれに接着剤の充填が少なく剥離を起こすことがあります。 乾燥時に接着剤を充填して補修してください。
製品表面には屋外用の保護塗料を塗布しています、時間の経過とともに塗料が薄れますので、ワックスがけするような要領で再塗装することをおすすめします。
比較的とげのでにくい木材ですが、割れたりしている箇所にはとげがでることもあるので時々点検してご利用ください。
使い始めに木材の色素や余分に付着した塗料が流れ出て床面、壁面などを茶色くすることがあります。
素足での歩行は可能ですが、上にも書いたように危険なところが無いか点検をしてご利用いただくことをおすすめします。

 

 

金属部品ご利用上の注意


ビスなどの小さな部品は、乳児、幼児の手が届くところへ置かないよう、十分ご注意ください。 誤飲、怪我などがないよう安全に配慮をしてご利用ください。

アジャスターボルトや鬼目ナットは三価クロムメッキ製品ですので、傷を付けたりするとそこから腐食しやすくなりますことをご理解ください。

真鍮製の部品は表面をコーティングしてありますので通常のご利用では腐食することはありません。 古びた風合いにするのであれば、サンドペーパーなどで表面のコート剤を削り取り酸化させてください。

ビスやボルトを締め付ける作業をする場合は、それぞれのサイズに合った工具を使用してください。 サイズが合わない工具で無理をして作業をすると、ビス、ボルト、木材などを壊すことがあり、また工具が折れたり、欠けたりして思わぬ怪我をすることがあります。

デッキ剤をビス止めする際には、ビスのサイズに合った下穴を開けて作業をしてください。無理な締め付けはビスを破壊するようなことがあります。

 


Copyright All Right Reserved (C)2009ウッドデッキのSatobussan Co., Ltd.